主従関係を試す

女性の多くは、性的関係においてMの女性が多いように思えます。
本人も、自分はMだというように自覚している人も多いことでしょう。

性行為のときは男性から責められる方がいい、という考えを持つのもよく考えれば当たり前のことに感じます。
なぜならば、責められてるということは性感帯を刺激されているということですので、「直接的で肉体的な快楽」を得られやすいということになります。
M気質の女性を、さらに男性が調教していくとなれば、どういった方法がいいのか男性にとってはとても興味があることのように思われます。
ですが、最初からそれを無理強いしてしまうのは明らかによくありません。
ですので、まずはゴッコ遊びのような形から入るといいのではないでしょうか。

たとえば、「先生と生徒」であったり「医者と患者」であったりといったような、明らかな主従関係が予め構築されている関係というものが効果的になります。
その際は、それを連想させるコスチュームや小道具があるとよりいいでしょう。
医者役をするのであれば白衣を着てみたり、生徒役をさせるのであればセーラー服を着せたりといったことです。
SMというのは、精神的なものが非常にプレイに影響してきます。
ですので、気持ちを高めていくために、お手軽なコスチュームから始めてみるのもいいかもしれません。

そうして主従関係を築いたのであれば、照れずにそれをやり通すことも大事になってきます。
はじめはゴッコ遊びだから仕方ないと受け入れてくれますし、そのプレイを続けていくうちに本当の主従関係というものが少しづつ出来上がっていくわけなのです。


□管理人推奨サイト
五反田にある人気のSMクラブのサイトです → 五反田 SMクラブ

Copyright © 2014 Mの女性を調教する方法 All Rights Reserved.